伝統の格式と新しい形の融合は可能

伝統の格式と新しい形の融合は可能

結婚するのは二人の意思であったとしても、それだけでは進行できないのが結婚式というものです。
親御さんの立場上、できれば普通のホテルなどの挙式・披露宴を望まれる方が多いのも現状でしょう。
そのような場合、レストランウェディングでは不安を持つのではないでしょうか。

 

 

 

物分りの良いところを見せたいけれど、譲れない場合もあるはずです。
最近のレストランウェディングでは、このような伝統や格式を重んじる年代の方々にも対応が可能です。
名の通った神社や教会での挙式の後で、一流のホテルやレストランでの披露宴も用意されているからです。
もっと趣向を凝らしたい場合には、邸宅1軒が貸し切りのレストランウェディングもあります。

 

 

 

まるでヨーロッパなどの王侯貴族のウェディングのように、格式もありますから親御さんも納得するはずです。
王侯貴族まででなくとも伝統と言うことならば、名の通った昔からの有名な結婚式場でもレストランウェディングの形はとれるようになってきました。当然、ホテルでも可能になっています。

 

 

 

今までの結婚式の披露宴では、決まりきった型どおりの料理と引き出物が主流でしたが、結婚式場やホテル内のレストランを使用することで独自の披露宴はできるのです。
挙式もチャペルや神前の施設が整っていますから、外の教会や神社に向かうこともありません。
また、挙式の設備を併設した新しい形のレストランウェディング専用の場も増えてきています。

 

 

 

趣向を凝らすことによって格式高い演出もできますし、どんな形であっても相談次第で可能になってきています。
お二人の専任スタッフ(ウェディングプランナー)との相談は、何度も言っているように重要になります。
親御さんたちの思いと二人の希望をあわせた、格式ある伝統的な挙式と夢のある披露宴の融合は、可能だということをはっきり認識した上で、まずは相談してみてください。