二人の気持ちの一致が大切1

二人の気持ちの一致が大切1

レストランウェディングの成功の鍵(専属スタッフ)を手に入れたら、次は扉を開けるだけです。
その扉の先にはどんな夢が待っているのでしょうか。もう、お二人で話し合って全部決めていらっしゃいますか。
それとも、ともかくよさそうに思える会社とスタッフを見つけてから、ゆっくり話し合うおつもりでしょうか。

 

 

 

では、決める前に最近までの結婚披露宴を振り返って見てみましょう。
1980年代は「派手婚」時代でした。バブルの時代を反映してゴンドラで登場、スモークがもうもうと立ち込めて、花嫁のお色直しも多くなった頃です。キャンドルを点けながら各テーブルを回ったのもこの頃が初め。

 

こういうのってどこがいいか迷いますよね。こちらの東京 結婚相談所が素晴らしいので安心です。

 

1990年代は一転して「地味婚」になります。バブルが儚く弾けてしまった後の寂しさが漂っていました。

 

 

 

2000年代になると「アットホーム婚」などと呼ばれるレストランウェディングが流行し始めます。まだ一般的ではなく、代行する会社も多くなかったのですが、結婚式場やホテルでの形式的なものではない自分たちだけの手作り感が喜ばれたのでしょう。「こっそり婚」などと呼ばれた少人数のものも目立つようになりました。

 

 

 

2010年代になると「アットハート婚」と呼ばれる出席者へのおもてなし・感謝の心を前面に出したレストランウェディング全盛の時代に入ります。美味しい料理・雰囲気の良い宴の席・楽しいフランクな場での二人の感謝の思いの数々が、出席した人々の記憶に残る最高の結婚披露です。