スタッフが成功の鍵2

スタッフが成功の鍵2

専任スタッフの実際体験の続きです。やっと見つけることの出来たこの人のおかげでスムーズに進みました。
全ての細かな作業は担当してくれますし、花ももちろん会社と提携の花屋ですから安く手配できました。花嫁専属のスタッフも付きヘアメイクやドレスまで世話を焼いてくれます。コースになっているのですから安心です。自分たちではとても出来ない、不可能と思えることもドンドン実現したとのこと。
私が感じていた「二人だけの専属スタッフが成功の鍵」ということは、実証されたのです。

 

 

 

この有能な人、後日談として奥様の会社の新人研修担当になってもらい、今でもお付き合いがあるとのこと。
ここまで万能な人でなくとも、企画通りの案しか出せないようなスタッフではなく、二人に添って話を最後までキチンと聞いてくれる人、なんとか努力はしてくれる人、無理な場合はなぜ駄目かの説明をしてくれて代案を出せる人が、良いウェディングスタッフだと思います。

 

 

 

また私の経験談ですが、ファッション誌時代の友人が、ウェディングプランナーをしていたときのことです。
20年くらい前ですから、レストランウェディングの始めの頃でしょうか。

 

 

 

あるレストランの狭い更衣室(従業員のための)で、花嫁の着替えを手伝ったのですが、当時まだ珍しかったアジアンスタイルのお色直しでした。エキゾチックな雰囲気の花嫁にとても似合っていて、もちろん出席者たちの絶賛を浴びていました。当然花婿もアジア風の衣装です。この衣装、全てプランナーの案だったのです。
後で知った私に「最高の日にするための衣装だから、一番似合うものを着せてあげたい」と友人は言いました。

 

 

 

最高の光る金の鍵を手に入れるのは、運やその他の理由でなかなか難しいかも知れませんが、銀や銅の鍵でも使い方次第で光ってくるものです。「あなたのような方でよかった」という甘い言葉は、すごく効果的です。
ぜひ努力もして良い鍵を見つけてください。