夢をかなえる予算は2

夢をかなえる予算は2

最近のウェディング代行社などでは、初めから予算を組んでいるところも多いので、お任せの場合は心配はいりません。大体の相場は300万、200万、100万、そしてプチ婚で30万からというところです。
完全なレストランだけでの披露宴(人前挙式)では、1.5次会タイプが人気のようです。
出席者のご祝儀を全て料理やおみやげ(引き出物)に充てて、二人は自分たちの費用のみで済ませるというタイプです。披露宴+二次会の形ですから、楽しいアットホームな披露宴になります。

 

 

 

近年のご祝儀の平均が3万円のようですから、料理に大半を回したとしても、引き出物や引き菓子、宴席を彩る花、追加のアルコール類など、必要なものは賄える計算になります。
二人の貸し衣装やヘアメイク、撮影費用、ホテルでの宿泊、などの自己負担なら、それほど高額にはならないでしょう。これなら、ご祝儀(3万円)で招待客に満足してもらうことはできそうです。

 

 

 

中には初めから会費制にして、その費用でしっかり自分たちの分も支払えるプランにする場合もあるそうです。
いかにも現代的で現実的なレストランウェディングですね。
それでも「こっそり婚」などで、後から通知の「結婚しました」はがき1枚より、多くの出席者に祝福されての披露宴ですから、楽しいですし思い出深い日にはなるはずです。

 

 

 

プチ婚の場合、二人にスタッフ1人の付き添いという形になりますが、挙式も簡素、レストランでの食事も二人分なので、費用は衣装代+挙式代+料理代ということで、かなりお安くはなります。

 

 

 

ここまできたら、全部自分たちの手で済ますことも可能です。衣装は貸し衣装屋から、ヘアメイクは行き着けのヘアサロンで、移動はせめてハイヤーの貸切り、近くの神社や教会で挙式まで頼んでしまえば、全て手作りです。
でも、なんだか寂しい気もしますね。その場合は、レストランだけでも超一流を予約しましょう。
レストランのお客様がきっと祝福してくれるはずです。