レストランウェディング成功の鍵1 

レストランウェディング成功の鍵1 

レストランウェディング代行社に依頼した場合を考えて見ます。

 

 

 

私の長い経験では、結婚式場やホテルでの挙式の場合、予約から始まって当日まで、実にさまざまな打ち合わせが行われます。日取り決定、挙式スタイル、出席者の人数と詳細(案内状発送、席順のため)、引き出物の選定、
衣装選び(最近では花婿・花嫁共にお色直しが普通) 、披露宴の料理やセッティングの花、司会者や進行の決定、さらに必要な場合は美容関係の打ち合わせと美容の施術まで、痒いところに手の届く配慮で、結婚披露宴の成功を導くようになっています。

 

 

 

ものすごく忙しいです。本当に。時間もかかりますし、家族まで巻き込んでの毎日になります。
40年前のわたし達は、全て自分たちで考えてやりました。わたし達夫婦の同僚も、自分たちで探し出した教会でミニドレスで挙式したり、それぞれ好みの結婚を考えました。ファッション誌の編集仲間だったので、その時代では珍しいウェディングスタイルだったのだと思います。

 

新橋 パーティースペース

 

最近の結婚適齢はだんだん高くなっていて、25日のクリスマスケーキ(25歳過ぎは売れ残り)という比喩は古臭くなってしまいましたが、20代から40代までの年齢層の広いウェディング事情になっています。

 

 

 

だとしたら、もっと多彩なウェディングスタイルがあって当たり前と言うことになります。なんでも今までの挙式披露宴スタイルにこだわる必要はないのですから、二人でよく考えたものにしたいのは当然です。

 

 

 

華やかに結婚式をする芸能人たちにも、入籍報告だけの結婚が増えているのは時代の流れということでしょうか。こんな時代の中で、二人だけの手作り婚を目指した場合、その鍵を握るのは専任のスタッフにあると思います。